ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。

例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。


ホワイトニングでできること

  • 生まれつき黄ばみが強い
  • 高齢化による変色
  • 抗生物質の副作用で起きた変色 など

といった歯質内部の色素を分解し、さらに歯の表面に付着した頑固なステインも分解します。
歯の内部から外側まで「丸洗い」することで、「歯の美しい白さをよみがえらせる」ことも、「今まで以上に白さを創造する」ことも可能です。

ホワイトニングのメリット・デメリット

<ホワイトニングのメリット>
・健康な歯を削る必要が無い。
・歯の白さをご要望に応じて、その都度調節することが出来る。
・比較的短い期間で歯を白く出来る。
・セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が安い。
<ホワイトニングのデメリット>
・完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって、後戻りする。
・個人によって適応・不適応がある。

当院のホワイトニング

当院のホワイトニングは、ご自身の歯の色調が暗く悩んでいる方におすすめです。
自然で後戻りの少ないホームホワイトニングや治療期間の短いオフィスホワイトニングを行っております。

【料金】
1歯3000円~

ホームホワイトニング

受付

ホームホワイトニングは専用のマウスピースに薬剤を入れ、1~2週間ほど1日に数時間お口にはめていただくだけで、お手頃に白い歯を手に入れることができるため、多くの患者様に喜んで頂いております。

~ホームホワイトニングの特徴~
・歯科医師の指導のもと、自分自身で行う方法です。
・都合のよい時簡に自宅で行えます。
・最低でも概ね1週間ほどで白さを実感できます。※個人差がございます。
・自然に近い色調で、違和感のない白さを得られます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングと比べ、治療期間が短いので、数日後に結婚披露宴がある、または明日までに歯を白くしたいといったご要望の際に適しております。

~オフィスホワイトニングの特徴~
・歯科治療と同じように、診察台に座って頂きます。
・2時間ほどで治療が完了します。※個人差がございます。
・短時間でホワイトニングの白さを実感いただけますが、ホームホワイトニングに比べ、元に戻りやすい欠点があります。

ホワイトニング後の白さを保つには

半年~1年に1度くらいの頻度で後戻り防止のためのホワイトニングをお勧めします。
後戻り防止として、当院のホームホワイトニングでは、1週間程度連続使用すれば、白さを末永く保つことが可能です。

ホワイトニング・よくある質問


- ホワイトニングは安全ですか?
- ホワイトニングは、アメリカでは約20年前から行われており、各大学の研究でもその安全性は確立されています。 ホワイトニングは、エナメル質内の有機物の着色を酸化還元します。 そのため、歯質を痛めず、安全に白くすることができます。

- ホワイトニングができない場合はどのようなケースですか?
- ホワイトニングが対象となるのはおおむね15歳以上の方で、妊娠中でない方が対象です。
また、大きな虫歯があったり、知覚過敏のある方、及び歯周病のひどい方はできないことがあります。

- ホワイトニングで白さの調整は可能ですか?
- ホワイトニングを行うことにより得られる白さの程度には個人差があり、予測するのは困難ですが、当院のホワイトニングでは、その効果を確認しながら処置を進めます。

- ホワイトニングの際に痛みはありますか?
- ホワイトニングは、歯質を痛めるものではありませんが、知覚過敏、歯肉の痛み、歯の痛み等を生じることがあります。
しかし、これらの大部分は一時的なもので、通常は数日間で治癒します。
すでに、知覚過敏の傾向がある場合、ホワイトニングを行うことでさらに症状が悪化することがあります。

- ホワイトニング後の歯の白さはどのくらい持続しますか?
- 食生活や嗜好品及びハミガキの状況により、個人差があります。
たばこ、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどは歯の着色を早めます。
歯科医院で定期的(3~6ヶ月毎)なトゥースクリーニングをしていれば、ある程度の白さを維持できます。
さらに6ヶ月~1年毎にホワイトニングを行えば、ホワイトニング直後の白さをさらに長期間キープすることができます。