審美歯科

審美歯科とは

審美歯科治療

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。

大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。
つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力カウンセリング力豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。


審美歯科の治療法

ここでは具体的な審美歯科の治療法についてご説明していきます。

オールセラミッククラウン
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。
現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

セラミックインレー
歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックで詰めることにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。
少し前まで奥歯は金属でもよいと言われる傾向がありましたが、現在では特に下は笑うと奥歯まで見えるので審美歯科治療を希望される方が多いです。

ラミネートベニア
歯の形に不満があったり、変色がつよくホワイトニングでは対応できない場合に歯の表面を一層削り、ちょうど女性のつけ爪のようにセラミックのシェルを貼り付け、歯の形態や色調を患者様の希望通りに治療する方法です。

<セラミックの特徴>
セラミック・ハイブリッドセラミックは天然歯のような、白く美しい歯を再現します。
長年の使用にも耐えられる高品質素材です。

1)身体に優しい
歯垢や歯石が付かないため、歯周病になりにくく金属を使用しないのでアレルギーの心配もありません。※治療内容によっては稀に金属を使用する場合もあります。
2)自然な色調
肌の色が人によって違うように、歯の色にも個人差がございます。 セラミックならあたなの歯の色に合わせて色調を調整できます。
3)変色しにくい
セラミックは変色しにくいため、長年の使用で黄色くなってしまった、ということはほとんどありません。
4)丈夫で長持ち
セラミックは強度に優れていて、擦り減らず長くご使用いただけます。
5)歯茎も美しく
金属を使用したクラウンやクラウンブリッジは、歯茎と接している部分を黒く変色させてしまう場合があります。 セラミックは化学反応による腐食がなく、歯茎を変色させることがありません。

当院の審美歯科の特徴

当院は審美歯科治療に力を入れておりますので、患者様のご要望に合わせた見た目を追求するのは当然ですが、咬み合わせや咀嚼といったお口の機能面も重要視しております。

次のようなお悩みにつきましてはお気軽にご相談ください。

1)出っ歯、八重歯、乱杭歯、隙っ歯などを短期間で治したい
※当院では出っ歯、八重歯、乱杭歯、隙っ歯などをセラミックによって、短期間でご希望の歯の形や色に治療することが可能です。
2)銀色の詰め物や被せ物を白くしたい など
尚、審美歯科治療はオールセラミックなど金属を一切使用しない治療も行うため、金属アレルギーや歯茎の黒ずみにも効果的です。

審美歯科・よくある質問


- 前歯の隙間が気になるのですが、審美歯科治療で治りますか?
- 前歯の隙間の状況により治療方針も異なりますが、審美歯科では歯の表面を一層削り、セラミックのシェルを装着することにより、歯の形態や色調を改善できます。
隙間のスペースが広い場合には、矯正治療をおすすめしますが、スペースが狭い場合には簡単に樹脂を歯と歯の間に詰める方法もあります。

- 自分がイメージした通りの口元になりますか?
- きれいな歯並びや白い歯は、理想的で美しい口元には不可欠です。
歯並びを改善したり、歯の色調を改善することによって、美しい口元に近づけます。
審美歯科では、ホワイトニングは元より、ご自分の歯と見分けがつかないほど精密に作られたセラミックラミネートベニアやセラミッククラウンなどにより口元を美しくします。

- 審美歯科治療後に長持ちしますか?
- 審美歯科治療に限らず、お口の中の健康を長期に維持していくためには、メンテナンスが必要です。
そのためにも3~6ヶ月毎を目安にした定期検診とクリーニングをお受け頂くことにより、審美歯科治療後の長持ちが得られます。